車DIY

2012年5月14日 (月)

リバースドアミラーユニットの自作

リバースドアミラーユニットを自作したきっかけは純正オプションでもあるシフトレバーをリバースにしたときに左側のミラーを下降させるものを車を買ったときにつけていなかったので社外品で探したところ1万円以上するものばかりだったのがきっかけです。
ワンチップマイコンではこのような機能は簡単に出来そうだなぁ・・と
下降時間が固定だと、入力はリバース信号のみで出力はドアミラーへのもののみ、あと電源とアースだけです。
ただどうせ作るのならということでミラーの下降時間、上昇時間もユーザーで任意に設定できるようにするために設定用のスイッチ入力も追加しました。
リバース信号を入力しミラーが下降している状態で設定用のスイッチをオンにしているときにミラーの角度調整スイッチで上昇や上昇をさせ電圧がかかっている時間をユニットに入力し計測して設定が変更できるようにしました。
基本的には上昇と下降の時間は同一にするんですが上昇と下降で微妙なずれが生じる可能性もあるため上昇時間も任意に設定できるようにしました。
純正オプションでは上昇、下降時間はディップスイッチなどで3種類程度固定にされているものが多いのですが好みによって下降時間を任意に変更できるのがこのユニットの特徴だと思います。
早速回路を書いてみたのがこれです。
今販売しているものの1世代前のものです。
電源は常時12Vからとってますので待機電力は若干消費しています。
Kairo
ワンチップマイコンのプログラミングは上記の条件を考えて作成しました。
C言語での開発なのでそれほど難しいプログラムではありませんがソースの公開しません。
HEXファイルはアップしますのでPIC12F629に焼きこんで使用してください。
「revers_doormirror_111.HEX」をダウンロード
取り扱いなどの説明については最新のリバースドアミラーユニットとほぼ同じなのでここから見て下さい。
ACC電源の接続が無いだけでほとんど同じです。
なおこのサイトの情報をもとに自作される方はあくまでも自己責任でお願いします。
あとこのサイトのプログラムや回路図の権利は私にありますので個人での使用は認めますが商用などでの使用を禁じます。
最新のリバースドアミラーユニットは待機電力がまったく消費しない仕様で制作しておりプログラムもかなり改良したものになっています。
興味のある方はこちらから購入してください。
Rdu01

ヤフオクで「車速感応ドアロックユニット」・「リバースドアミラーユニット」・「E51エルグランド3rdウィンドウオートクローズユニット」出品中です(*^_^*)

 

| | コメント (0)

2011年7月17日 (日)

エンジンオフタイマーユニット(ターボタイマー?)を自作・取り付けしました(*^_^*)

エルグランドに取り付けしているセキュリティにエンジンスターター兼ターボタイマーの機能が付いていてターボタイマーは最大60分間エンジンがオンになったままになる機能があります。

放浪旅の多い我が家では暑い時期にサービスエリアや道の駅での休憩や、食事をするときなどワンコがいるとなかなかエンジンを切って車内に残して置けないのですがターボタイマー機能で60分間エンジンが掛ったままになるのでエアコンを利かせた状態でワンコを残しておけるのでとても重宝していました。

この機能をライフにも欲しいと思って自作しました。

構想2年あまり・・なかなか実現しなかったのですがワンコが病気になり病院通いする機会が増え帰りに買い物などしたいので実現させました。

ユニットの基板は車速感応ドアロックユニットのものを流用してワンチップマイコンのソフトのみ開発しました。

ユニット本体にスイッチ入力を付けてエンジンが回っている状態の時にシフトレバーをパーキングにした時にユニットのスイッチを1秒以上押すとユニットに外付けしている大容量のリレーを動作させるようにしました。

大容量のC接点リレーはヤフオクで安く売っている車載用のものを3個使いました。

3個の内訳はACC用、IG1用、IG2用です。車種によってはIGは1個だけのものもあると思います。

Ttmr06_2

また、キースイッチの部分にこのエンジンオフタイマーユニットを接続する必要があるので直接半田付けをするのも勇気がいるので市販のエンジンスターター用のハーネスをヤフオクで安く購入して使用しました。

エンジンスターター用なのでACC、IGの他にスターター用の配線もとれるようになっていますがそれは今回のユニットでは使っていません。

Ttmr05

エンジンオフまでの時間は5分、10分、30分、60分の4種類を設定できるようにしましたが目的からデフォルトは60分にしました。

5分とかを使えばエンジンオフ後5分間はパワーウィンドウを使えるとかの用途に使えそうです。

テストを何度も繰り返し問題のないことを確認しライフに取り付けるべくエンジンオフユニット本体とリレー3個、キースイッチへの接続のハーネスをセットしました。

Ttmr01

ACC、IGへ供給する電源回路にはハーネスに元々ヒューズが取り付けされているので便利です。

ユニット本体へ供給される電源部には別途ヒューズフォルダーを取り付けしました。

リレーは連結出来るようになっていたので3個連結しました。

各配線の接続は大電流が流れる部分については半田付けしました。

車への取り付けはハーネスによりコネクタの接続を行いACC、IG回路はこれで簡単に接続できました。

残りのエンジンが始動した状態の条件(L端子に接続)、シフトレバーパーキングの条件(パーキング時-になる配線)、アース線を元々取り付けしていた車速感応ドアロックユニットにエレクトロタップで接続したので30分ぐらいで取り付けが出来ました。

Ttmr02

Ttmr03

取り付け完了後エンジンをスタートしユニットのスイッチを1秒以上オン・・リレーのカチッという音がしました・・・大電流が流れる回路なのでちょっと不安でしたがここまでは問題ありません。

つぎにキースイッチをオフの状態まで回しエンジンが始動したままなのを確認しキーを抜きました。

問題なくエンジンは回ったままでエアコンも効いてます・・大成功です(*^_^*)

いろいろ条件を変えてエンジンオフでキースイッチをスタータの一歩手前のところでエンジンオフタイマーユニットのスイッチを押して動作しない確認やエンジンオフタイマーユニットが動作中でキーを抜いた状態でシフトレバーをパーキング以外のポジションに変更したときにエンジンが止まる確認など行いました。

最後にエンジンオフタイマーユニットが1時間きっちり動作するか発熱など問題ないか確認し何も問題が無く正常に動作しました。

これで暑い夏でもワンコを車内に置いてちょっとした買い物ぐらい行けるようになります。

エルグランドでとても重宝していた機能なのでライフにも取り付け出来てワンコの病院通いにも活用できそうです。

環境問題などでアイドリングするのも気になりますがワンコ連れにはそうも言ってられないところがあります。

名前をエンジンオフタイマーユニットと勝手につけましたがターボタイマーやオフディレータイマーなどとも呼ぶみたいですね。

暑い夏に犬や猫など車で一緒に行動するときにキーを抜いてエンジンをかけたエアコンを利かせた車内に安心して残せるのでペットを飼っている人におススメです(*^_^*)

ヤフオクで「車速感応ドアロックユニット」・「リバースドアミラーユニット」・「E51エルグランド3rdウィンドウオートクローズユニット」出品中です(*^_^*)

無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

| | コメント (0)

2010年1月17日 (日)

3rdウィンドウオートクローズ仕様変更・・・かな

3rd_window_unit 3rdウィンドウオートクローズユニット(リアフリップウィンドウオートクローズユニット)を使い始めて早数年たちました。
放浪旅に出掛ける度に問題が気になり始め、ついに(やっと(^^;))若干の仕様変更をしようかと思ってます。
気になる問題というのは普通に使用する分には全然問題ないのですが、我が家ではわんこを飼っており放浪旅にいっしょに出掛けているんですが春などにPAなどで一時駐車する時に3rdウィンドウを開けて、運転席、助手席をほんの少し開けて留守番をさせているんですが、キーレスやセキュリティでドアロックした場合にせっかく開けていた3rdウィンドウが閉まってしまう問題がありました。
今までは車内で留守番させる時には3rdウィンドウを開けておいてキーレスなどを使わずキーでドアロックをしていました。(ターンランプを光らせないために・・・)
いつか改良しようかなぁと思っていてやっとこさ重い腰を上げた次第です(^^;)
どうゆう風にして改良しようか検討した結果、通常動作の場合はキーレスなどでドアロックすると【ロック信号】+【ターンランプ信号】で3rdウィンドウ全閉となります。<BR>
3rdウィンドウを閉めたくない場合はキーレスなどでドアロック【ロック信号】+【ターンランプ信号】、ここまでは同じですが再度キーレスなどで3秒以内に【ドアロック信号】入力があった場合は3rdウィンドウの閉動作を無効にしてやろうという考えです。
すなわちキーレスなどでドアロックボタンを3秒以内に2回押すことで無効になる方法です。
とりあえずワンチップマイコンのプログラムを考え何とか完成しました。
ワンチップマイコンにプログラムを書き込みテストしました。
模擬環境ですがドアロック+ターンランプ入力→再度ドアロックで3rdウィンドウへの出力は無効となりました。
そのほか通常動作で3rdウィンドウへの出力が正常に出るかなどいろいろテストを行いましたが今のところ問題は無さそうです。
今までのユニットとの動作内容の違いは3rdウィンドウの動作をキャンセル出来るのは書いたとおりですが、キャンセルするための信号(再度のドアロック)の入力待ちのため3秒間待つので、キーレスでドアロックしてから3rdウィンドウの動作は今までは0.5秒後に3rdウィンドウが閉まってましたが、新しい仕様のユニットではキーレスでドアロックしてから3秒後に3rdウィンドウが閉まるようになります。
もう少しテストを重ねてうちのエルに実装し正常に動作するかテスト見てみたいと思ってます。
・・・話は変わりますが、早く放浪旅に出掛けたいです・・・(*^_^*)


ヤフオクで「車速感応ドアロックユニット」・「リバースドアミラーユニット」・「E51エルグランド3rdウィンドウオートクローズユニット」出品中です(*^_^*)

無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

| | コメント (8)

2008年6月16日 (月)

出品再開しました。

リアフリップウィンドウオートクローズユニットですが、部品の在庫切れにより販売を中断していましたが、部品が入荷し出品を再開しました。

詳しくはヤフーオークションをご覧ください。

ヤフオクで「車速感応ドアロックユニット」・「リバースドアミラーユニット」・「E51エルグランド3rdウィンドウオートクローズユニット」出品中です(*^_^*)

|

2008年2月17日 (日)

リアフリップウィンドウオートクローズユニット割込リレーの仕様変更になります(*^_^*)

リアフリップウィンドウオートクローズユニット用の割込リレーの仕様が変更になります。

次回製作分からになりますがユーザーの方には何も意識するところはありません。

中身のリレーは今までは松下電工のDC12V仕様の1C接点の物を使用していました。



←これが今まで使ってたリレーです。

知る人ぞ知る秋月電子で安価に販売していた物です。







ただ、このリレーの入手が困難になったため別のリレーを購入することにしました。

前に使用していたリレーは車速感応ドアロックユニット用の割込リレーにも使用していましたので、このユニットにも使用できる兼用のものを選定しました。

電流容量的に遜色なく、1個のリレーで1C接点が2個入っている物にしました。



←これが新しい仕様のリレーです。

1個のパッケージに1Cが2個入っている優れものです。









車速感応ドアロックユニット用割込リレーにはこのリレー1個で対応できます。(以前は1Cリレーですので2個使用していました)

ただ、リアフリップユニットの場合1Cリレー使用して別々の場所に2個設置する必要がありますので1Cが2個あるリレーを使用して実際には1C接点を1個だけ使用するようにしました。

配線は1C分のみとなります。(1C分余りです・・)





この回路の1C分しか使いません。









リアフリップユニット用割込リレーの新仕様の分(次の製作分からになりますが・・・)を購入されたら実は中には使える1C接点回路が眠っています(^^;)

内部結線を参考に配線を追加し基板を少し改造(パターンを切る必要があります)すればNO側20A、NC側10Aの大電流制御が出来る接点が使えます。

腕に覚えのある方は挑戦してみてください(^^;)

ヤフオクで「車速感応ドアロックユニット」・「リバースドアミラーユニット」・「E51エルグランド3rdウィンドウオートクローズユニット」出品中です(*^_^*)

2010年8月度 出品マスター Yahoo!オークション

続きを読む "リアフリップウィンドウオートクローズユニット割込リレーの仕様変更になります(*^_^*)"

| | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

秋月電子カメラの改造です(*^_^*)

JB5ライフへ取り付けしたカメラの改造方法です。

秋月電子で販売されているカメラを何とかライフへ取り付けできないかいろいろと調べて以前に改造したのですが
参考のためにブログ上に残したいと思います。

秋月電子でこのような安価なカメラが販売されており何か遊べそうな気がして購入してみました。
説明書が添付されていてカメラ本体の電源はDC5Vであることが分かります。
DC12Vからの電源回路が書かれていて、この通りの部品を購入すれば電源回路は簡単に作れます。

このカメラは正像仕様で車のバックモニターカメラとして使用するためには鏡像仕様に改造する必要があります。
正像仕様だと左右が分かりにくいので、鏡像(左右反転)にすることでモニターに写った画像は左は左に、右は右に映るようになります。
当たり前のように思うのですが、正像仕様だと左にあるものはモニターでは右側に映ってしまうので、かなり違和感があります。
人間の感覚というのは不思議なものです。
秋月電子のカメラの説明書には鏡像仕様への変更方法は書かれていませんのでぐぐって見ました。
ところが、同じカメラの仕様は全然見つからないです(T_T)
「DV4609」で検索するとこのようなホームページが見つかりました。
そのホームページによるとどうもカメラ本体モジュールはOmniVision社のOV7910というのが怪しそうです。
さらに「OV7910」で検索するとまた別のこのようなホームページを発見。
そのホームページからさらにOV7910のデータシートを入手しました。


それによるとOV7910のピン番号32番が鏡像正像の切り替え用のピンになっています。
このピンをプルアップしてやれば鏡像仕様になります。
同じ型式のカメラかどうか分かりませんが、だめ元で一度改造してみます。
7ピンが+5Vになっているので32ピンから抵抗22kΩを接続して7ピン接続してやります。

電源を接続しテレビのビデオ外部入力に接続すると鏡面画像となっています(^_^)v
みごと成功です。
OV7910かどうか分かりませんが鏡像仕様への改造は可能なようです。
このカメラをJB5ライフのナビに取り付けしてやったんですがその様子が下の画像です。

画像は安いカメラなのでそれなりですが普通に使う分には全く問題ないです。
ただ、夜など少し暗くなるとかなり見え辛いです。
一時期、秋月電子で販売が無くなっていましたがまた、再開されたようですね。
安いカメラでこれだけ遊べれば十分です(*^_^*)
新しい遊びネタ無いかなぁ(^^;)

ヤフオクで「車速感応ドアロックユニット」・「リバースドアミラーユニット」・「E51エルグランド3rdウィンドウオートクローズユニット」出品中です(*^_^*)

| | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

リアフリップウィンドウオートクローズユニットやっと取り付けしました(^^;)

遅ればせながらやっと取り付けしました。

去年から構想を練って、今年の3月ユニット作製、時間が無くなかかなか取り付けできず、みんカラASSYさんのモニター協力でやっと形になったわけですが、当のMyエルには未だ装着されていない状態でした・・・(^^;)

今日やっと取り付けしました。

ASSYさんの写真入りの丁寧な資料があるので下調べゼロで約2時間で取り付け完了しました。



Myエルはマイナーチェンジ前でしたが説明書と全く配線色は同じでした。











ギボシを取り付けしたところ















助手席側にヒューズフォルダと割込リレーを取り付けしたところ











ターンランプ、ドアロック信号を接続したところです。

セキュリティ用の配線がありゴチャゴチャしています。後ろに写っている緑色のリレーがセキュターンランプ点滅用リレーです。



続いて助手席側から運転席側へ配線を延ばしていきます。

車内が汚いのはご容赦下さい<(_ _)>





























運転席側ウィンドウ用モーター配線にギボシを取り付けます。

ここは狭くて大変でした。











続いてACC電源への配線と、運転席側リレー用の常時電源の接続です。

これまた、セキュ用の配線がありゴチャゴチャしています。







うちのわんこがこっちを見ていたので思わず撮ってしまいましたw

退屈そうです



















ユニット部分の全体写真です。

















サードウィンドウを全開にして、まずは純正のキーレスでドアロック

間をおいてウィーンと閉まりました。

続いてセキュ用リモコンでセキュオン!、閉まりました。

そして、このユニットの目玉(と言うほどでもないですが・・・)サードウィンドウ全開にし車内からドアロック!、閉まらないw(当たり前です。そのように作ってますw)

約1年がかりでしたがやっとうちのエルにも3rdウィンドウオートクローズユニットが付きました。

これで放浪旅にもう一つ便利なユニットが加わりました。

ちなみにドアロックしてから少し間をおいてから(約0.5秒)閉まるのは少し間をおいて動作した方がちょっと考えて動作しているみたいで高級感がある(私だけかもしれませんが。。(^^;))ように見えるためですw

車速感応ドアロックユニットもアンロックする時0.5秒間をおいて動作します。

すぐに動作するのは自分的にあんまり好きじゃないので(ちょっとわがまま仕様です)

ちょっと焦らすぐらいがちょうど良いです(^^;)

ヤフオクで「車速感応ドアロックユニット」・「リバースドアミラーユニット」・「E51エルグランド3rdウィンドウオートクローズユニット」出品中です(*^_^*)

2010年8月度 出品マスター Yahoo!オークション

続きを読む "リアフリップウィンドウオートクローズユニットやっと取り付けしました(^^;)"

| | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

リアフリップウィンドウオートクローズユニット開発の感想です

リアフリップウィンドウオートクローズユニットを今回開発し、いろいろと勉強になりました。

みんカラのASSYさん、満貫さんをはじめいろいろな方の協力で完成しました。

特に写真入りの取り付け説明書の作製や取り付け方法のアイデアなど一人で考えていただけでは思いつかないような助言をいただき、良い物が出来上がったと思います。

今年の3月頃から構想して、約半年掛かりました。

当初はユニット2台での取り付けを想定して作っていました。

また、うちのエルではよく車中泊をするのでその辺を想定した動作で作っていました。

それが、けがの功名というかなんというか。1台での後方のみでの取り付けが出来る大きな要因となりました。(ASSYさんに助言いただき気付いたのですが(^^;))

当初は以前に同様なユニットを作製して販売している方がおられましたが、うちの車中泊での使用では問題があるため開発を決心したんですが、このように大きな反響と輪が広がっていくとは思いもよらずとても楽しんでいます(^_^)

みんカラのパワーとエル乗りの方のパワー恐るべしですね(^o^)

みなさま今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

ヤフオクで「車速感応ドアロックユニット」・「リバースドアミラーユニット」・「E51エルグランド3rdウィンドウオートクローズユニット」出品中です(*^_^*)

2010年8月度 出品マスター Yahoo!オークション

|

2007年4月22日 (日)

新リバースドアミラーユニットVer2.0取り付けしました

前に製作していた新バージョンのリバースドアミラーをE51エルグランドに取り付けしました。
取り付けはこんな感じです。
もう一つ写っているユニットは車速感応ドアロックユニットです。




取り付け後のテスト
基本動作
シフトレバーをRにしミラーが下向きになりました。シフトレバーをPに戻し3秒後ミラーが元の位置の戻りました。
復帰時間の変更
ミラーが復帰動作するまでの時間は3秒では車庫入れする時に何度も切り返す我が家では短すぎるので7秒に変更しました。
キースイッチをオフにします。
ユニットのスイッチをオンにしキースイッチをACCまでまわします。
5秒後(3秒から5秒の間です)ユニットのスイッチをオフにします。これで5秒に変更されました。
キースイッチをオフにし同じ事をもう一度繰り返すと7秒になります。
エンジンをかけてシフトレバーをRにしてミラーを下降させます。
シフトレバーをPに戻し約7秒後復帰動作が始まりました。。。動作良好です。
動作角度(時間)の変更
動作角度の変更方法は従来のユニットと同様です。
シフトレバーをRにしミラーが下降します。この状態でユニットのスイッチをオンにし車側のミラー角度調整スイッチでミラーの角度をさらに下向きに調整します。
ユニットのスイッチをオフにしシフトレバーをPに戻します。
するともとの位置に戻るので再度、シフトレバーをRにします。
設定した角度まで動作しました。。。動作良好です。
新ユニットでの仕様変更部分の確認
 新ユニットでは常時電源がオフになっても設定情報を保持しています。
バッテリーのマイナス端子を浮かせて再度接続し、設定情報がクリアされていないことを確認しました。
 ミラーが下降や上昇動作中にACC電源をオフにしても設定場所まで動作を続けるか確認しました。
ミラー動作中にキースイッチオフ、問題なく最後まで動作しました。
 ミラーが下降位置でACCがオフになった場合旧のユニットでは常時電源を使用していたので復帰動作をしていましたが、新ユニットではユニット電源はACC電源を使用しているのでミラーが下降位置でキースイッチをオフにした場合はミラーが復帰位置に戻りません。
次にACC電源が入った時に復帰動作を行います。
テストした結果は良好でした。
設定情報の初期化
旧ユニットではユニットの電源をオフにした場合、初期設定に戻っていました。
新ユニットではユニットの電源がオフになっても設定情報が保持されますので、今回初期化の処理を追加しました。
キースイッチがオフの状態でシフトレバーをRにし、ユニットのスイッチをオンにします。この状態でキースイッチをACCまでまわし約5秒後キースイッチをオフにします。
これで設定情報が初期値に戻ります。
動作確認したところ初期状態に戻っていました。
今回のユニットに関しての感想
今回の新ユニットでの改良でこれ以上改良の余地が無いほど完成度が上がったと思います。
プログラムに関してもかなり大幅な変更となりプログラムサイズも大きくなりました。ワンチップマイコンのメモリの約80%を使用しています。
電装品を多く取り付けしている我が家のエルグランドでは常時電源を使用するナビ、セキュリティ、リバースドアミラーユニットなどバッテリーにかなりの負担をかけていたので一つでも常時電源を使用するユニットを減らしたいと思い開発しました。
今回のユニットの改良のポイントは
・ユニットの電源をACC電源に変更したため車を使用しない時の消費電力がほぼゼロとなった。

ヤフオクで出品しています。
モニター様の評判も上々ですので出品を開始しました。
こちらからご覧下さい。
 
・設定情報がユニット電源がオフになってもクリアされないので、電装品の取り付け時にバッテリーを取り外したり、バッテリー交換時にユニットの情報がクリアされなくなった。
・ミラー復帰までの時間が3秒、5秒、7秒、10秒の4種類に増えた。-時間に関してはプログラム次第でいくらでも増やせますが、設定変更が面倒になるので4種類としました。
ヤフオクで「車速感応ドアロックユニット」・「リバースドアミラーユニット」・「E51エルグランド3rdウィンドウオートクローズユニット」出品中です(*^_^*)

2010年8月度 出品マスター Yahoo!オークション

無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

|

2007年4月15日 (日)

リバースドアミラーユニット新バージョン試作しました

2年ほど前からヤフオクに出品しているリバースドアミラーユニットなんですが、これまでも細かい改良をしてきてましたが、今回大幅に仕様を変更することにしました。



仕様変更の内容

これまでは常時12V電源をユニットの電源に使用していました。スリープモードで低消費電力にしてはいましたが車に乗らない時に電力を消費することには変わらないので、ユニットの電源をACC電源から取るように変更しました。

ACC電源から取ることで車を使用していない時の消費電力が0になります。

ただ、ミラーを動作させるための電源は常時12V電源を使っています。

これはミラーが動作途中でエンジンを切った場合でもミラーが最終の位置まで動作させるためです。

いままではユニットの電源が常時あったので設定情報の保存とか全く意識しないプログラムになっていたのですが、今回はユニットの電源が切れる前提でのプログラミングになります。

基本的に設定情報はワンチップマイコンに内蔵されているEEP-ROMに書き込むようにしました。

書き込むタイミングとかを考えながら何とかプログラムが出来ました。

あと、ハードウェア的にはこれまでの回路とほぼ同じなのですがダイオード類を追加しました。



テスト結果

デバッグを行いながらテストした結果、テスト環境では問題なく動作するようになりました。

今回、復帰までの時間をこれまで3秒、5秒、10秒の3種類だったんですが、設定方法を変更したことで3秒、5秒、7秒、10秒の4種類に変更できるようにしました。

また、これまではユニット電源を切るだけで初期設定に戻せたのですが、電源を切っても設定情報が保持されるので、初期設定に戻すための方法も追加しました。



今後

一応テスト環境で問題なく動作させるように出来たので、暇を見つけてうちのエルグランドに取り付け実車でテストしてみたいと思います。

また、これについてもモニターを募って最終のテストまで持っていきたいと思ってます。

モニター募集の際にはまた、ブログで公表したいと思います。

これまでの改良と違い、かなりプログラムを変更しました。

ほとんど原型が無いほどなのでかなり時間がかかってしましました。

ユニットの写真はこんな感じです↓



まえのバージョンと見た目は変わりません。


このユニットの取り付けがあるし、リアフリップウィンドウオートクローズユニットの取り付けもあるし、エルグランドのセンターカーテン取り付けもあるし、あと、基板用の感光ユニットの製作も残ってます。

なんか宿題がどんどん溜まっていってる感じです・・・(T_T)

ちょっとがんばって取り付けしたいと思います。


ヤフオクで「車速感応ドアロックユニット」・「リバースドアミラーユニット」・「E51エルグランド3rdウィンドウオートクローズユニット」出品中です(*^_^*)

2010年8月度 出品マスター Yahoo!オークション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ペット | 趣味 | 車DIY