車DIY

2017年8月27日 (日)

ライフJB5にバックモニターカメラ取り付けしました

安いカメラを手に入れたので、前からエルグランドで使用していて便利だったのでライフJB5にも取り付けてみました。

まず、車載用に12Vで使用するため三端子レギュレータで12V仕様に改造しました。

あと、バックモニターカメラとして使用するには鏡像仕様にする必要があります。正像仕様だと左右が分かりにくいので、鏡像(左右反転)にすることでモニターに写った画像は左は左に、右は右に映るようになります。
当たり前のように思うのですが、正像仕様だと左にあるものはモニターでは右側に映ってしまうので、かなり違和感があります。不思議なものです。
その改造したカメラをライフに取り付けて行きます。
ナビはイクリプスのAVN4405Dを使用しています。これが普通にAV入力がありません(T_T)
ぐぐって見たところ、4403、4404に関する情報がありました。

http://www.geocities.jp/mkumasanyo/naviurawaza.htm
この情報によるとナビ側の配線の 黒-白 線を接続するとシフトレバーをリバースにするとバックカメラに切り替わるようになるようです。
映像信号の入力はナビ側の黄色線とアースは黒または白線に接続です。
早速、取り付け開始です。まず、ナビ周りの内装を保守マニュアルを参考にばらします。
Naisou_barasitatokoro
最近のオーディオパネルのばらしは大変ですね。下側の内装から順番にばらしていかないと、オーディオパネルまでたどり着かないようになっています。
空調パネルもばらします。
そこでやっとオーディオパネルがばらせるようになりました。















Navi_conecta_1
中の配線を引きずり出して目的のコネクタにカメラ入力を接続します。
ここまで数時間を要しました。なかなか重労働です。













Rea_barasitatokoro
あと画像入力配線はサイドの座席下に配線していきます、後部ハッチバック付近ま配線し、天井側へ延ばしていきます。とりあえずこの配線はおいておきます。















Tale_setuzokuiti
続いて、カメラの電源を配線します。カメラの電源はリバースにした時に点灯するライトから取ることにします。

バックする時にしか使用しませんので、この方が省エネ仕様です。

後部サイドの内装を剥がし、テールランプ関係の配線コネクタを外し、エレクトロタップで電源+12Vとアースを接続します。


電源は車両側の橙線、アースは黒線に接続します。接続した配線を天井部まで延ばしていきます。






 
Camera_utigawa
いよいよカメラ本体取り付けです。防水仕様ではないのでハッチバックの内部から映せるように取り付けします。

取り付けはアルミのL型の金具で両面テープを使用し取り付けしました。カメラ本体が軽いのでこれで十分です。














Camera_soto



←外側からだとちょっと分かりません(T_T)















カメラ本体とナビからの配線と電源を接続します。一応これで終了です。
エンジンをかけて、シフトレバーをリバースにします。映りました。(ちょっと感動
Monitar_ututtatokoro






カメラの取り付け位置を微調整し、映る範囲を調整し完了。

車内からきれいに映るか少し心配でしたが、きれいに映りました。








取り付けしてみた感想ですが、とにかくオーディオパネル付近のばらしが大変でした。大半がこの部分の作業になってしまいました。

| | トラックバック (0)

E51エルグランドのマップランプをLED化しました

放浪旅用のE51エルグランドのマップランプを超高輝度の白色LEDに交換しました。

LEDユニットはLEDとユニバーサル基板を使って自作しました。

LED3個を直列につないで電流制限抵抗を入れています。

これを並列に6列並べて計18個のLEDを使っています。

LEDは15カンデラの超高輝度60度拡散タイプを使用しています。秋月電子で買いました。

電球のソケット部分は同じ形式の電球をばらして電線を半田付けしています。

基板をヒシチューブをかぶせて、裏面に強力両面テープを貼り付けました。





車に付いている電球を取り外し、今回作ったLED基板を取り付けます。

貼り付けする面が平面ではないのでしっかりと固定は出来ませんが、カバーもつくので、まぁあんまり気にしないようにしますw





点灯させるとこんな感じです。↓

写真では分かりにくいですがかなり明るくなりました。





カバーを取り付けして点灯したらこんな感じです↓



マップランプがかなり明るくなりました。(^_^)v

前の席では何かと地図やガイドブックなどを見ることが多いので明るくなってかなり便利になりそうです。

またまた、放浪旅に行きたくなってしましました。(^o^)

あと、E51用の純正センターカーテンを買ったので取り付けレポートをまたアップしたいと思います。

続きを読む "E51エルグランドのマップランプをLED化しました"

| | トラックバック (0)

E51エルグランドのバッテリーを交換しました。リアフリップウィンドウオートクローズユニット続編

バッテリーが上がらないよう定期的にエンジンを回していたんですが、先週とうとうバッテリーが上がってしましました(T_T)

3年間使用したので仕方ないですが。。。

どうせ換えるんだったらとボッシュのハイパワーのものに交換しました。こんなんです.今の状況↓



アーシングとホットイ○ズマ風なものも取り付けているのでちょっとごちゃごちゃしてます。

バッテリーを取り外したところ↓







新しいバッテリー↓ 取っ手が付いてます。





取り替え完了↓





新しいバッテリーは充電状態のインジケーターが付いてます。それとメンテナンスフリーで3年もしくは10万kmの補償が付いていて安心です。

セキュリティのバックアップサイレンもついでに交換したんですがセキュリティ上秘密ですw

今日はついでにリアフリップウィンドウオートクローズユニットの取り付けもしたかったんですが、徹夜仕事の疲れでこの作業だけになってしまいました。

次回はセンターカーテンかリアフリップウィンドウオートクローズユニットを取り付けしたいですね。

ところでリアフリップウィンドウオートクローズユニットの仕様をちょっと変更しました。

フロント、リアの計2台で取り付け予定なんですが、フロント用の出力が2つ有るので1つをウィンドウのオートクローズ用に使用し、もう一つの出力をミラーのオートクローズに使おうと思っています。

ただ、今の仕様ではターンランプ点灯とドアロックが1秒以内に両方動作した時にユニットから5秒間出力されるようになっています。

走行中にこの条件が成立すると(ほとんどこのような条件は無いと思いますが)ミラーがクローズしてしまうので、万全をを期すため新たにACCの入力も追加し、プログラムも変更しました。

ACC入力はACCオフの時にアースになる条件です。(車速ユニットを流用しているのでこの条件になってしまいます)

ACCオンのときはワンチップマイコンがスリープ、ACCオフでなおかつターンランプ点灯とドアロックが1秒以内にあれば動作します。

フロント側でミラーのスイッチ付近にドアミラーの開閉線が来ているのでドアミラークローズについてはこの部分に接続すれば大丈夫そうです。

| | トラックバック (0)

E51エルグランドにセンターカーテンを取り付けしました

やっとうちのE51エルグランドにセンターカーテンを取り付けしました。

なかなか時間が無くやっと取り付け完了です。

部材は車を買ったところで購入しました。ニッサンの純正品です。

レールとカーテン、それと固定用のビスなどです。



まず、カーテンレールを取り付けします。サイドの内装に挟み込んで取り付けし、上部4カ所に穴を開けて固定します。



続いてカーテンを取り付けして、サイドの内装に穴を開けてカーテン固定用の部材を取り付けします。

車内はちょっと汚いのでぼかしてます(^^;)



取り付け完了です。取り付け時間は2時間ちょっとです。

まぁ、簡単な部類です。ただ、内装に穴を開けたりするのでちょっと勇気が要りますね。





これで車内で着替えをする時なんかもカーテンを全部閉めれば周りから見えません。

放浪旅で車中泊の多い我が家では重宝しそうです。

車を買った時はサイドとリアのカーテンは取り付けしてもらっていたんですが、センターカーテンはいらんやろうという結論で取り付けしませんでした。

放浪旅に行くたびに車内での着替えということが多いことに気付き今回やっと取り付けした次第です。

続きを読む "E51エルグランドにセンターカーテンを取り付けしました"

| | トラックバック (0)

E51エルグランド完全フルふらっとに改造しました

久しぶりの更新になります。夏休みも終わりになろうかという頃の更新ですが遊びまわっっていて忙しくこちらがおろそかになってました。。。

6月頃、某ブログでE51エルグランドのサードシートを外して、ホームセンターで売っているフレームを組んだベッドを取り付けされている記事を発見!!

クッション入りのシートを並べて完全なフルフラットです。

放浪旅の多い我が家では、このブログを嫁にみせるなり、いきなり改造指令が出てしまいました。。。

そこでホームセンターへフレームその他材料を買いに出掛け改造することに。。。

詳しくは次回の更新で書きたいと思います。

| | コメント (0)

完全フルふらっとに改造しましたPart2とリアフリップウィンドウ経過

前回の続きです。
とりあえずサードシートを取り外す必要があるので整備要領書のサードシート関係の部分を印刷しておきます。
そんでもって作業開始です。
まず、サードシートとサイドのレールを接続している部分の取り外しです。
カバーを外したところ


次にシートベルトを外します。
それとサードシートをレールに固定しているナットを2カ所外します。


次にサードシートの足の部分を外せば取り外し完了です。
サードシートをサイドに跳ね上げる時の場所まで移動させる必要があります。


サードシートを外した状態です。かなり広いです。
P6020007

次にセカンドシート部分はフレームを組んで、サードシート部分は余っていたツーバイフォー材を使ってフレームを組みました。
サイドの部分はサードシート用のレールに乗せるようにしています。
Pa080001_2

天板部分は当初コンパネを使おうと思ってたのですが約30cmごとに外すことが出来るのでフローリング材を使用しました。
フローリング材も新品のものを普通に買うと高いので某コー○ンプロでB級品を購入しました。
色むらがあるとのことでしたが素人目には全く分からないし使用目的からしたら十分です。

Pa080004

こんな感じで完成です。
見た目もかなり良いです。低反発のマットを敷いてベッドの完成です。
ベッド下が思いの外広くとれますので荷物もかなり入るようになりました。
ちょっと見苦しいですが荷物を載せたところです。

Pa080006_2

クーラーボックスは今回の改造に合わせて高さの低いものを購入しました。
クーラーボックスの小窓がベッドの後ろ部分のところで開けることが出来るので車中泊中にビールが飲みたくなってもすぐに取り出せます(笑)

まとめ
ベッドが完全にフラットになるので寝心地が格段に良くなりました。(すでに実車テスト2回終わってますw)
それと今まではクーラーボックスや荷物を助手席や運転席に移動してからしか寝ることが出来なかったのですが、荷物がベッド下にほとんど入るので移動させる手間が無くなり寝るまでの行程が一つ減り楽になりました。
人二人と犬1匹でも十分寝れるスペースが出来、エルグランドの快適性が一段とアップしました。

リアフリップウィンドウオートクローズユニットその後
最近たまにリアフリップウィンドウオートクローズユニットの件で問い合わせをいただいていますので近況を報告しておきたいと思います。
ただいま、モニター様にテストを行ってもらっているところです。
動作に問題なく正常に動いていますとのご連絡をいただいております。
取り付けに関する資料を作製していただいており、実車でのモニターテストが終わったらブログ上でユニットの頒布の案内をしたいと思っております。
モニター様のアイデアで今まで販売されている同様なユニットでは前側にユニット1台、後ろ側にユニット1台の計2台での取り付けか前側にユニット1台での取り付けでしたが、私の作製したユニットでは後ろ側で1台という取り付け方が可能だとのご提案をいただいております。
同種のユニットでネックであった1台取り付けの時の配線取り回しで前から後ろまで配線を引いていく必要があった物が、後ろ側だけでの取り付けが可能なので、配線は後ろの左右だけで出来るので比較的作業が楽なのではと思います。
また、ユニット1台ですみますのでコスト的にも安くできると思います。
また、なにか進捗があったらブログ上で紹介しますので、もうしばらくお待ち下さい。

|

ヤフオク(海外製?) LEDスカッフプレート取り付けしました

ヤフオクで前から気になっていたLEDスカッフプレートが安くなっていたので落札し取り付けしました。

なかなかかっこ良いです(*^_^*)

P1

P2


| | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

リバースドアミラーユニットの自作

リバースドアミラーユニットを自作したきっかけは純正オプションでもあるシフトレバーをリバースにしたときに左側のミラーを下降させるものを車を買ったときにつけていなかったので社外品で探したところ1万円以上するものばかりだったのがきっかけです。
ワンチップマイコンではこのような機能は簡単に出来そうだなぁ・・と
下降時間が固定だと、入力はリバース信号のみで出力はドアミラーへのもののみ、あと電源とアースだけです。
ただどうせ作るのならということでミラーの下降時間、上昇時間もユーザーで任意に設定できるようにするために設定用のスイッチ入力も追加しました。
リバース信号を入力しミラーが下降している状態で設定用のスイッチをオンにしているときにミラーの角度調整スイッチで上昇や上昇をさせ電圧がかかっている時間をユニットに入力し計測して設定が変更できるようにしました。
基本的には上昇と下降の時間は同一にするんですが上昇と下降で微妙なずれが生じる可能性もあるため上昇時間も任意に設定できるようにしました。
純正オプションでは上昇、下降時間はディップスイッチなどで3種類程度固定にされているものが多いのですが好みによって下降時間を任意に変更できるのがこのユニットの特徴だと思います。
早速回路を書いてみたのがこれです。

電源は常時12Vからとってますので待機電力は若干消費しています。
Kairo
ワンチップマイコンのプログラミングは上記の条件を考えて作成しました。
C言語での開発なのでそれほど難しいプログラムではありませんがソースの公開しません。
HEXファイルはアップしますのでPIC12F629に焼きこんで使用してください。
「revers_doormirror_111.HEX」をダウンロード

ACC電源の接続が無いだけでほとんど同じです。
なおこのサイトの情報をもとに自作される方はあくまでも自己責任でお願いします。
あとこのサイトのプログラムや回路図の権利は私にありますので個人での使用は認めますが商用などでの使用を禁じます。
最新のリバースドアミラーユニットは待機電力がまったく消費しない仕様で制作しておりプログラムもかなり改良したものになっています。

Rdu01

|

2011年7月17日 (日)

エンジンオフタイマーユニット(ターボタイマー?)を自作・取り付けしました(*^_^*)

エルグランドに取り付けしているセキュリティにエンジンスターター兼ターボタイマーの機能が付いていてターボタイマーは最大60分間エンジンがオンになったままになる機能があります。

放浪旅の多い我が家では暑い時期にサービスエリアや道の駅での休憩や、食事をするときなどワンコがいるとなかなかエンジンを切って車内に残して置けないのですがターボタイマー機能で60分間エンジンが掛ったままになるのでエアコンを利かせた状態でワンコを残しておけるのでとても重宝していました。

この機能をライフにも欲しいと思って自作しました。

構想2年あまり・・なかなか実現しなかったのですがワンコが病気になり病院通いする機会が増え帰りに買い物などしたいので実現させました。

ユニットの基板は車速感応ドアロックユニットのものを流用してワンチップマイコンのソフトのみ開発しました。

ユニット本体にスイッチ入力を付けてエンジンが回っている状態の時にシフトレバーをパーキングにした時にユニットのスイッチを1秒以上押すとユニットに外付けしている大容量のリレーを動作させるようにしました。

大容量のC接点リレーはヤフオクで安く売っている車載用のものを3個使いました。

3個の内訳はACC用、IG1用、IG2用です。車種によってはIGは1個だけのものもあると思います。

Ttmr06_2

また、キースイッチの部分にこのエンジンオフタイマーユニットを接続する必要があるので直接半田付けをするのも勇気がいるので市販のエンジンスターター用のハーネスをヤフオクで安く購入して使用しました。

エンジンスターター用なのでACC、IGの他にスターター用の配線もとれるようになっていますがそれは今回のユニットでは使っていません。

Ttmr05

エンジンオフまでの時間は5分、10分、30分、60分の4種類を設定できるようにしましたが目的からデフォルトは60分にしました。

5分とかを使えばエンジンオフ後5分間はパワーウィンドウを使えるとかの用途に使えそうです。

テストを何度も繰り返し問題のないことを確認しライフに取り付けるべくエンジンオフユニット本体とリレー3個、キースイッチへの接続のハーネスをセットしました。

Ttmr01

ACC、IGへ供給する電源回路にはハーネスに元々ヒューズが取り付けされているので便利です。

ユニット本体へ供給される電源部には別途ヒューズフォルダーを取り付けしました。

リレーは連結出来るようになっていたので3個連結しました。

各配線の接続は大電流が流れる部分については半田付けしました。

車への取り付けはハーネスによりコネクタの接続を行いACC、IG回路はこれで簡単に接続できました。

残りのエンジンが始動した状態の条件(L端子に接続)、シフトレバーパーキングの条件(パーキング時-になる配線)、アース線を元々取り付けしていた車速感応ドアロックユニットにエレクトロタップで接続したので30分ぐらいで取り付けが出来ました。

Ttmr02

Ttmr03

取り付け完了後エンジンをスタートしユニットのスイッチを1秒以上オン・・リレーのカチッという音がしました・・・大電流が流れる回路なのでちょっと不安でしたがここまでは問題ありません。

つぎにキースイッチをオフの状態まで回しエンジンが始動したままなのを確認しキーを抜きました。

問題なくエンジンは回ったままでエアコンも効いてます・・大成功です(*^_^*)

いろいろ条件を変えてエンジンオフでキースイッチをスタータの一歩手前のところでエンジンオフタイマーユニットのスイッチを押して動作しない確認やエンジンオフタイマーユニットが動作中でキーを抜いた状態でシフトレバーをパーキング以外のポジションに変更したときにエンジンが止まる確認など行いました。

最後にエンジンオフタイマーユニットが1時間きっちり動作するか発熱など問題ないか確認し何も問題が無く正常に動作しました。

これで暑い夏でもワンコを車内に置いてちょっとした買い物ぐらい行けるようになります。

エルグランドでとても重宝していた機能なのでライフにも取り付け出来てワンコの病院通いにも活用できそうです。

環境問題などでアイドリングするのも気になりますがワンコ連れにはそうも言ってられないところがあります。

名前をエンジンオフタイマーユニットと勝手につけましたがターボタイマーやオフディレータイマーなどとも呼ぶみたいですね。

暑い夏に犬や猫など車で一緒に行動するときにキーを抜いてエンジンをかけたエアコンを利かせた車内に安心して残せるのでペットを飼っている人におススメです(*^_^*)

|

2010年1月17日 (日)

3rdウィンドウオートクローズ仕様変更・・・かな

3rd_window_unit 3rdウィンドウオートクローズユニット(リアフリップウィンドウオートクローズユニット)を使い始めて早数年たちました。
放浪旅に出掛ける度に問題が気になり始め、ついに(やっと(^^;))若干の仕様変更をしようかと思ってます。
気になる問題というのは普通に使用する分には全然問題ないのですが、我が家ではわんこを飼っており放浪旅にいっしょに出掛けているんですが春などにPAなどで一時駐車する時に3rdウィンドウを開けて、運転席、助手席をほんの少し開けて留守番をさせているんですが、キーレスやセキュリティでドアロックした場合にせっかく開けていた3rdウィンドウが閉まってしまう問題がありました。
今までは車内で留守番させる時には3rdウィンドウを開けておいてキーレスなどを使わずキーでドアロックをしていました。(ターンランプを光らせないために・・・)
いつか改良しようかなぁと思っていてやっとこさ重い腰を上げた次第です(^^;)
どうゆう風にして改良しようか検討した結果、通常動作の場合はキーレスなどでドアロックすると【ロック信号】+【ターンランプ信号】で3rdウィンドウ全閉となります。<BR>
3rdウィンドウを閉めたくない場合はキーレスなどでドアロック【ロック信号】+【ターンランプ信号】、ここまでは同じですが再度キーレスなどで3秒以内に【ドアロック信号】入力があった場合は3rdウィンドウの閉動作を無効にしてやろうという考えです。
すなわちキーレスなどでドアロックボタンを3秒以内に2回押すことで無効になる方法です。
とりあえずワンチップマイコンのプログラムを考え何とか完成しました。
ワンチップマイコンにプログラムを書き込みテストしました。
模擬環境ですがドアロック+ターンランプ入力→再度ドアロックで3rdウィンドウへの出力は無効となりました。
そのほか通常動作で3rdウィンドウへの出力が正常に出るかなどいろいろテストを行いましたが今のところ問題は無さそうです。
今までのユニットとの動作内容の違いは3rdウィンドウの動作をキャンセル出来るのは書いたとおりですが、キャンセルするための信号(再度のドアロック)の入力待ちのため3秒間待つので、キーレスでドアロックしてから3rdウィンドウの動作は今までは0.5秒後に3rdウィンドウが閉まってましたが、新しい仕様のユニットではキーレスでドアロックしてから3秒後に3rdウィンドウが閉まるようになります。
もう少しテストを重ねてうちのエルに実装し正常に動作するかテスト見てみたいと思ってます。
・・・話は変わりますが、早く放浪旅に出掛けたいです・・・(*^_^*)

|