« GPS-CS1Kのログを地図上に表示する方法 | トップページ | SONYのGPS-CS1Kを使ってみました »

2017年8月27日 (日)

GPS-CS1Kの車載用電源をDIYで製作しました。

かねてより、放浪旅に行くことが多い我が家ではいちいち電池の残量を気にしながら、GPSを使うのが面倒だったので車で使用できるGPSーCS1K用の電源をDIYで作ってみました。

持ち歩いて使用することの方が少ないのでGPSを車に積んだまま使用が出来るようにしました。



←電源本体はこんな感じ

12V入力で1.5Vの出力になっています



←GPSのばらし作業です。

GPS本体上部のネジを2本外します










するとこんな感じで中身が抜けます。







本体に1.5Vの出力線を半田付けします。

この状態で12Vの電源を接続し動作確認します。



窓際に置いてみたところです。ばっちり動作しGPSを捕捉しました。


本体をケースに戻しシガーソケットを取り付けて完成です。

←全体はこんな感じです。電池のふたのところから配線を引き出しています。

さっそく車に取り付けて動作チェックです。



バッチリ動作しました。GPSの捕捉もOKです。

これで電池の残量を気にせず長期の放浪旅もバッチリです。

今度の放浪旅でデビューの予定です。

|

« GPS-CS1Kのログを地図上に表示する方法 | トップページ | SONYのGPS-CS1Kを使ってみました »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179954/12563780

この記事へのトラックバック一覧です: GPS-CS1Kの車載用電源をDIYで製作しました。:

« GPS-CS1Kのログを地図上に表示する方法 | トップページ | SONYのGPS-CS1Kを使ってみました »