« エルグランドE51用リアフリップウィンドウオートクローズユニット試作しました | トップページ | 新リバースドアミラーユニットVer2.0取り付けしました »

2007年4月15日 (日)

リバースドアミラーユニット新バージョン試作しました

2年ほど前からヤフオクに出品しているリバースドアミラーユニットなんですが、これまでも細かい改良をしてきてましたが、今回大幅に仕様を変更することにしました。



仕様変更の内容

これまでは常時12V電源をユニットの電源に使用していました。スリープモードで低消費電力にしてはいましたが車に乗らない時に電力を消費することには変わらないので、ユニットの電源をACC電源から取るように変更しました。

ACC電源から取ることで車を使用していない時の消費電力が0になります。

ただ、ミラーを動作させるための電源は常時12V電源を使っています。

これはミラーが動作途中でエンジンを切った場合でもミラーが最終の位置まで動作させるためです。

いままではユニットの電源が常時あったので設定情報の保存とか全く意識しないプログラムになっていたのですが、今回はユニットの電源が切れる前提でのプログラミングになります。

基本的に設定情報はワンチップマイコンに内蔵されているEEP-ROMに書き込むようにしました。

書き込むタイミングとかを考えながら何とかプログラムが出来ました。

あと、ハードウェア的にはこれまでの回路とほぼ同じなのですがダイオード類を追加しました。



テスト結果

デバッグを行いながらテストした結果、テスト環境では問題なく動作するようになりました。

今回、復帰までの時間をこれまで3秒、5秒、10秒の3種類だったんですが、設定方法を変更したことで3秒、5秒、7秒、10秒の4種類に変更できるようにしました。

また、これまではユニット電源を切るだけで初期設定に戻せたのですが、電源を切っても設定情報が保持されるので、初期設定に戻すための方法も追加しました。



今後

一応テスト環境で問題なく動作させるように出来たので、暇を見つけてうちのエルグランドに取り付け実車でテストしてみたいと思います。

また、これについてもモニターを募って最終のテストまで持っていきたいと思ってます。

モニター募集の際にはまた、ブログで公表したいと思います。

これまでの改良と違い、かなりプログラムを変更しました。

ほとんど原型が無いほどなのでかなり時間がかかってしましました。

ユニットの写真はこんな感じです↓



まえのバージョンと見た目は変わりません。


このユニットの取り付けがあるし、リアフリップウィンドウオートクローズユニットの取り付けもあるし、エルグランドのセンターカーテン取り付けもあるし、あと、基板用の感光ユニットの製作も残ってます。

なんか宿題がどんどん溜まっていってる感じです・・・(T_T)

ちょっとがんばって取り付けしたいと思います。


ヤフオクで「車速感応ドアロックユニット」・「リバースドアミラーユニット」・「E51エルグランド3rdウィンドウオートクローズユニット」出品中です(*^_^*)

2010年8月度 出品マスター Yahoo!オークション

|

« エルグランドE51用リアフリップウィンドウオートクローズユニット試作しました | トップページ | 新リバースドアミラーユニットVer2.0取り付けしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179954/14685957

この記事へのトラックバック一覧です: リバースドアミラーユニット新バージョン試作しました:

« エルグランドE51用リアフリップウィンドウオートクローズユニット試作しました | トップページ | 新リバースドアミラーユニットVer2.0取り付けしました »